スポンサードリンク

秘書検定の合格率もやっぱり

秘書検定ではなくても、試験を受けるとどうしても合格・不合格が決まります。

全員合格すれば良いんでしょうけど、それでは資格の意味がないような気もしますしね。

秘書検定も例外ではなく、合格率というのがあります。

しかも100%ではありません。残念ながら。。。

さて、どうせ秘書検定を受けるなら合格したいわけで、受けてみないと結果はわかりませんが、合格率を知らないよりも知っていたほうが良いと思うので、秘書検定の合格率について書きますね。


さて、秘書検定を受けるのに難しい方からつまり1級をいきなり受ける人はいませんよね。

別に受けてもいいんですが。。。


いないと思うので3級から合格率について。

3級はマークシート方式で合格率はだいたい、65%程度のようです。

各回によっても少しずつ前後しますが、受験者の半分以上は合格するわけですから、合格率は高いと言えます。

2級では、47%程度になります。

だいたい、受験者の半分が合格すると言えます。


試験問題には、論理と実技があります。

秘書検定の論理問題には、秘書の資質や職務知識と一般知識、そして実技にはマナー・接遇と技能があります。

論理も実技も共に60%正解すれば合格となるようです。


ただし、秘書検定試験の一級と準一級の試験には、別の日にちに面接を受けなくてはなりません。

秘書検定試験の面接に関しては100%完璧でないと合格するのは難しいようです。

これらの秘書検定の答え方においては、準1級から3級まで、マークシート方式と記述式の二つの方法があるんですが、1級の場合はすべてが記述式になります。

さらに1級に合格するには、資格も必要となります。

例えば、英語検定試験の二級取得や、英文タイプや珠算、ペン字、和文速記の3級以上などです。

これを知らないと大変です。

この他、英語文書がCクラス以上であったり、60ワード以上の英文速記もあります。

もし、何かの資格を持っていれば、秘書検定協会に問い合わせて、その資格が秘書検定に役に立つかどうか、聞いてみると良いでしょう。

準1級と1級の試験の合格率は、あまり変わりませんが、他のクラスに比べるとかなり低いようです。

これらはたいてい、面接試験で差が出てくるようです。

やっぱり秘書検定も簡単な3級から受けましょうね。

1級はなかなか合格できそうもありません。。。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。