スポンサードリンク

パソコンの資格を取得しませんか?

パソコンが手放せない時代になってきましたね。

最近ではADSLや光ケーブルなどの通信回線の発達で、益々パソコンの重要

度が増してきました。

大きな企業では当たり前ですが、中小企業もパソコンなしでは業務が遂行

しないほどです。

それに伴って、パソコンに関する資格の需要も増え続けています。

事務職の人や情報系企業に勤める人にとってはなくてはならない資格も多

いようです。



代表的なパソコン資格として、パソコン検定(通称;P検)があります。

まんまの名前ですね。

これはパソコン業界の標準的な試験に位置づけられています。

知識から技術まで広く問われるので、就職や転職、企業側のスキルチェッ

クなどに活用されています。


その他には、国家資格で比較的取得しやすい資格として、初級システムア

ドミニストレータ試験(初級シスアド)があります。

これは、ネットワーク利用者側において、情報技術に関する一定の知識・

技術を持ち、業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ者を指

す資格です。

パソコンだけではなく、パソコンのネットワーク環境までもの知識と技術

を必要とします。


シスアドには上級もありますが、こちらはさらに、企業の業務、ビジネス

戦略などを把握し、そのうえで業務システムと情報システムの支援を行う

ものとなります。

いや〜難しい。


これらの資格はパソコン資格のほんの一部に過ぎません。

そのほかにもパソコン・情報に関する資格には、

CADやMIDI、MOSなどをはじめ、国家資格からベンダー認定まで

50種類をはるかに超える数の資格があります。

必要かどうかを見極め、適正な資格を選ぶ必要がありますよね。

とにかくパソコンの資格は数が多いので、自分の取得したい資格について

きちんと情報を得る必要があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。