スポンサードリンク

秘書検定の最重要事項〜日程と申込

秘書検定を受ける上で、まず押さえなければならないことがあります。

それは受験日。

当たり前だと思うかもしれませんが、秘書検定の受験日を間違えて、せっかく対策を練ってきたものを不意にすることもありますから。

また、受験日を知ることで、計画が立てやすくなりますよね。

カレンダーに秘書検定受験日を目立つように書いておきましょう。


さてその秘書検定、一年に2回受験時期があります。

6月と11月です。

それぞれ、3ヶ月ほど前に受付期間があり、その期間が終了すると受験できなくなります。

定められた一定期日に、申込みを済ませると、試験の10日前までに受験票が届きます。

さて、受験するにはまず願書の提出をしなければなりませんが、

秘書検定を受検するための願書の付いた秘書検定案内は受付書店で入手します。

そこへ必要事項を書き込んで書店で受付をすると、秘書検定の申込みをしたことになります。

書店では、それぞれの級によって必要な受験料も払うことになります。

そして、願書を送る80円切手も必要です。

全国の受付書店は、秘書検定のホームページに掲載されています。

また、受付書店が、近くにない場合には、ホームページ上から願書を請求することも出切るので必要な方は秘書検定のホームページを閲覧してください。

一級と準一級の面接試験は、試験後しばらくすると、合否結果が届いて合格していれば、最初の秘書検定試験の一ヶ月後くらいに、面接試験が行われます。

全国で行われますが、試験の日にちは少しずつ、地方によって変わっているので注意が必要です。

必ず落ち着いてあなたの受験日をチェックしてくださいね。


試験を受けると合否が決まります。

結果は2級や3級は、試験後1ヶ月以内に送られます。

一級や準一級の合否結果は、面接試験後約1ヶ月以内に送られるようです。

合格しているといいですね。


さて、秘書検定を受検する人の所属傾向ですが、一番多いのは、大学生で、二番目に高校生、三番目に専門学校生のようです。

やはり、目の前の就職に向けて、秘書を目指している人だけでなく、就職活動を少しでも有利に行なうために受験する人が多いようです。

企業で仕事をして行く上で必要なマナーや立ち居振る舞いを磨くために、秘書検定は必要なものなので、雇う側も判断しやすいのかもしれませんね。

秘書検定を合格していれば、就職活動に有利に働くのは間違いありません。


もう一度いいますが、秘書検定を受けるための手続きは余裕を持って行ないましょう。

直前になって申し込んでなかったとか、受験票が届いてないとか、

それではあなたが秘書検定合格のためにやってきたことが、無駄になってしまいます。

さて今から漏れがないかチェックしてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。