スポンサードリンク

秘書検定の過去問をまず解こう

秘書検定にどうしても合格したいあなた。

もう勉強を始めましたか?

秘書検定の合格を目指す時にどうしても必要なものが、秘書検定の過去問です。

問題集や参考書を基にして、一人で勉強していくには、過去問はとても有効な合格の手段です。

ただし、この場合大切なことは、自分が間違ったところに関する考察です。

独学している場合、誰も見てくれないので自分の欠点に気付かないことがありますし、重要なところを見逃してしまうこともありますから。

一度間違えたところは、二度と間違えないように、きちんとノートに整理していくのも良いでしょう。

出来ることなら、早稲田ワーキングスクールなどの、秘書検定専門のスクールに行って、過去問対策などの講座に参加するのも一つの手です。

そのような講座では、過去問を受験会場と同じように会場で解答し、そこで講義を聞きながら採点していくといった方式がほとんどです。

過去問を解く場合、自分ひとりで勉強するのと、こうしてスクールで解説を受けながら採点していくのとでは、やはり理解度が違ってきますから。

スクールで解説を聞くことによって、間違ったところがより印象に残ります。

さて、秘書検定の過去問を一通り解いて秘書検定の問題の傾向をある程度把握出来たら、

次は予想問題集を解くことのが良いんじゃないでしょうか。

実際に自分が受験するのと同じように、問題を解いていくことが出来ますから。

実績のある、早稲田ワーキングスクールのような、秘書検定専門のスクールでは、問題傾向に合った、的確な予想問題が作成されます。

これらを、実際の試験と同じように解くようになっています。

問題出題傾向がある以上、やはり予想問題こそが頼りになる合格のための手段だといえるでしょう。

一人で勉強するなら、なおさら必要になりますよね。

また、スクールでは、秘書検定の模擬テストも行われています。

マークシートだけでなく、筆記試験の場合、自分の解答が合っているかがはっきり分かります。

筆記試験の場合、模範解答に照らし合わせても、自分ではチェックできないところもたくさん出てきますからね。

秘書検定を受ける上で、スクールの短期講座や模擬テストを上手く利用することが合格への近道になることは間違いありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。