スポンサードリンク

ホームヘルパーの求人状況と雇用条件

求人誌を見てみると、ホームヘルパーの求人数も増え続けています。

介護保険がスタートして以来、訪問介護の事業者や、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどの高齢者介護施設は増える一方です。

このような状況下ではホームヘルパー2級養成講座を修了すれば、仕事を見つけるのは難しくないといってもよいかもしれません。

介護業界で最も多いのが、「ホームヘルパー2級以上」という資格でのホームヘルパーの求人状況が多いからです。

また、中にはホームヘルパー未経験でもOKのところもあります。

年齢制限についても、50歳まで、55歳まで、というように、制限が緩やかであるという現状でしょう。

これは常に人手が足りないからで、条件を緩やかにして人材を確保しようという意図もあります。

しかし、応募条件の緩やかな求人の場合、最初から正規職員での採用はあまり望めません。
考えてみれば当然といえば当然ですよね。

ほとんどは、パートや、契約職員というかたちでの求人状況であるということです。

訪問介護のホームヘルパーであれば、一対一での高齢者の介護という雇用条件になるでしょうし、別に施設でのホームヘルパーであれば、同僚と協力して介護に当たるという職場になります。

通所介護事業所ならば、昼間の時間帯だけ働くことになります。

それとも、24時間を過ごす生活の場である施設においては、交替制勤務で夜勤もあります。

時間が自分の思い通りになることはないでしょう。

パートの場合は、時間給についての検討も必要となるでしょう。

求人情報に掲載されている以外の部分も考え、自分が働きたい雇用条件を見極めることが、良い職場選びにつながります。

人を介護するのがホームヘルパーの仕事ですから、体力的なことも考慮しなくてはいけません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。