スポンサードリンク

エステシャンで起業もありかも。

エステシャンと聞いて何それ?なんて人はいないんじゃないでしょうか。

女性はもちろん男性も知っていて当たり前の職業になってきましたから。

この「男性も」というのがエステシャンの仕事が、ここ最近になってクローズアップされるようになった理由でもあるのですが。

世の中美容ブームですよね。女性だけでなく男性も、そして老いも若きも、う〜〜ん猫も杓子も(ちょっと違うか^^;)
美しくなるために、あるいはコンプレックスをなくすために、そして自分の人生を自信を持って突っ走るために、エステティックサロンへ行って自分を磨く人が増えてきました。

そして、そのエステサロンに行く人たちのために様々な技術を駆使して、至福の時間と癒しを提供してくれるのがエステシャンというわけです。

テレビ番組や雑誌、あるいはエステのコマーシャルなどでエステシャンを見ることがありますよね。
そのエステシャンである彼女たちは生き生きとして美しいです。

もちろん人を相手にする仕事ですから、大変なことも多々あると思いますが、その仕事にやりがいを感じているからこそ、輝いて見えるんだろうな〜なんておもいます。

では、エステシャン、どういった仕事をしているのか知っていますか?

通常我々がエステと呼んでいるのは実はエステティックの略で、エステティックには、美や美学という意味があります。

元々は日本語で「美しいと感じる心」と言う意味のギリシャ語で「アイステイシス」という言葉が語源になっているということです。

その美を追求する仕事をしているのがエステシャンというわけです。

エステシャンとは、髪の毛以外の全身の美容、お手入れを仕事とする人のことを言います。

例えば、肌のトリートメントや痩身、美顔、脱毛、ネイルなどで、きれいになりたいお客様をさらに美しくすることなどがエステシャンの業務になります。

エステシャンの仕事場と言えば、エステサロンが思い浮かぶと思いますが、最近では、ホテルやスポーツ施設にサロンを設けるところが増えてきて、その活躍の場はますます拡大する一方です。

エステをすればするほど、技術が向上する仕事なので、将来独立することだって夢ではありません。

エステシャンで起業をする女性もこれからはどんどん増えていくのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。