スポンサードリンク

エステシャンスクールの決め手

エステシャンになるにはどうしたらいいの?
エステシャンの資格はどうやったら取れるの?

って思いますよね。

でも、エステシャンと言うのは日本ではきちんとした公的な資格制度がありません。。。

えっ〜〜

でしょ(笑)

なので、私はエステシャンだ〜といった瞬間からあなたはエステシャンなのです。(そんな訳ないか)

でも、極端な話、エステを経営するだけの資金が準備できれば、私はエステシャンだと名乗って、お店を出せちゃいます。

エステシャンは、今女性にとってはやりがいがあり、女性特有の仕事なので、スクールに通って、本格的に目指そうと言う人が増えてきています。

公的な資格がないのにスクールに通ってまで目指すのはやっぱり技術がなくては続かないからです。

何の技術もない人にエステをしてもらって満足する人がいると思いますか?

いないですよね。人間そこまで鈍感じゃない。やっぱりエステを受ける以上、より自分を綺麗にしてくれるエステシャンにやってもらいたいのは当たり前だと思うんです。

そのためにスクールに通う人もいます。

エステサロンに就職して、技術の向上を目指すのもありですし、将来、独立起業するチャンスもあるのでエステサロンの経営をやってみたい、と思っている方には、エステシャンは持って来いの仕事だと言えるかも知れません。

ということでエステシャンになる場合には、スクールに通って基礎からきちんと勉強した方がいいんじゃないでしょうか。

さて、それではどんなスクールに通えばよいのか?

日本のスクールは母体からいくつかの分類ができます。

まず、

・従来からある理美容学校が併設しているスクール
・化粧品メーカー系のスクール
・大手のエステサロンが経営しているスクール
そしてわずかですが、
・医療法人や美容以外の専門学校が新たに開講したスクール

などに分かれます。

もちろんそれぞれに特徴があるので、一概には言えませんがエステシャンを目指すということから考えると、理美容学校の併設スクールが適当ではないかという意見もあります。

ヨーロッパのエステシャン養成スクールと姉妹提携したりして、留学などもできる学校もあるのでまずは、どんなスクールがあって、自分に一番あっているのはどこなのか、ということを検討するためにも情報収集から始めてみて下さい。

結局、技術を身に付けないとエステシャンとしては生きていけないので、安易なスクール選びはやめておいたほうが良いと思いますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。