スポンサードリンク

Microsoft Office Specialistという資格

どんな分野の仕事をするにも欠かすことの出来ない物になったパソコン。
芸術の分野でも活躍していますからね。

ビジネスシーンではもちろんパソコン無では仕事がはかどりません。

そんなビジネス界で最も多く使用率が高いソフトといえばMicrosoft Officeです。
そしてMicrosoft Office Specialistと言う資格があります。
これはマイクロソフト社が主催している全世界共通の資格認定制度なんです。

Microsoft Officeのさまざまなアプリケーションを使って、それぞれをどれだけ確実に操作して作業をすることができるのかを、客観的に判定するのがMicrosoft Office Specialistです。

それでこの資格を取得することでどういったメリットがあるかなんですが(資格取得しても役に立たなかったら意味ないですもんね)、Microsoft Office Specialistを個人で取得した場合のメリットは、就職や転職、また派遣会社への登録の際に有利なこと。パソコンのスキルを客観的に証明できるのですから。

では、企業など組織でMicrosoft Office Specialistを導入した場合にはどうでしょう。
一人一人のパソコンスキルのレベルが上がるので、当然会社全体の作業の能率や効率を向上させる事ができます。ということは利益に結びつくと言うメリットを期待できるでしょう。

Microsoft Office Specialistの中でも、スペシャリストレベルとエキスパートレベルがあります。

一般的な事務職で最低限必要な操作方法を問われるのがスペシャリストレベル。そしてこの基礎的な内容を踏まえた上で、より高度で応用的、専門的な操作が求められるのがエキスパートレベルというわけです。

Microsoft Office Specialistは、Officeのバージョンや、アプリケーションごとに試験科目が細かく分かれています。
そして、各アプリケーションの基本的な操作から、応用的な操作を実践的に行います。

自分自身のパソコンに関する知識と操作のスキルがどの程度なのかを、客観的に世界共通のレベルで判定してくれます。

パソコンを使う仕事をしたいのなら、持っていて損はない資格といえるのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。