スポンサードリンク

歯科技工士資格取得の条件と対策

歯科技工士ってなんでしょう?

あまり聞きなれない仕事ですが、入れ歯や差し歯などを作るのが歯科技工士の仕事です。。

さらに歯ならびが悪いのを正しい位置にするための矯正するもの、これの製作や修理も歯科技工士の仕事なんですね。

小学校の頃なんか、友達がよく歯の強制だとか言ってワイヤーみたいなのを付けてました。

今はもう少し見栄えの良いものになってるんでしょうか?

そんな歯科技工士なんですが、
手先の技術はもちろんのこと、歯科全般の知識も必要になる仕事です。

人工物で歯の代わりになるものを作るということは、工作とはわけが違います。

普段はあまり意識をしませんが、口の中って結構敏感ですよね。

虫歯などの治療を行なって、歯に詰め物をしただけでも気になりませんか?


国家資格が必要なことからも、歯科技工士における歯科の知識の重要性がわかるでしょう。

歯科技工士資格試験は学説と実地にわかれています。

学説では解剖学、有床義歯技工学、歯冠修復技工学、矯正歯科技工学、小児歯科技工学、顎口腔機能学、歯科理工学、法規の8つの科目を。

実地では全部床義歯の人口歯配列と歯肉形成とカービングが必須となっていて、さらに年や都道府県によって違う任意問題があります。

これから歯科技工士になろうという人にとっては、何のことやら?ですよね。

でも安心してください。

歯科技工士試験の合格率はほぼ100パーセントです。

歯科技工士資格試験を受験するには歯科技工士学校に通うことが必須条件となっているため、ずぶの素人は受けられません。

高い合格率の裏にはこんなからくりがあるのです。

逆に言えば、歯科技工士試験は学校にさえ通ってしまえばほぼ合格ということ。

学校で真面目に勉強するのが一番の対策となるわけです。

歯科技工士になるための学校、養成所の多くはスクールではなくきちんとした専門学校です。

仕事の合間に通えるようなものではありませんが、その分、腰を落ち着けて勉強することができます。

入学から卒業までの2年間で歯科技工士試験を受ける形となります。

毎年1回、2月中旬から3月中旬にかけて大体2日間にわたる日程で行なわれ、各都道府県単位で実施されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。