スポンサードリンク

英検 1級にあこがれて・・・

英検1級を持っているといわれると、かなり英語が出来るんだな〜と誰もが思いますよね。

それほど、英検というのは日本では代表的な英語の資格です。
そして、やっぱり1級となれば、なかなか取れません^^;

一級の問題を見ると、さすがに骨が折れる問題が多いですよね。
かなり勉強しないと英検1級は取れないんですよ〜〜〜叫

でも、どうしても英検1級がほしい人もいますよね。


なので、英検1級・準1級の資格試験対策を教えます。


英検は正式名を「実用英語技能検定試験」といい、「財団法人 日本英語検定協会」が運営する英語の検定試験です。


5級から1級迄の受験級があります。


英検の受験級では、1級が大学上級レベル・準1級が大学中級レベル、2級が高校卒業レベルとなっています。


ただ、ここで述べたレベルは一般的な目安であり現実的には1級・準1級は、大学生でも相当に困難な試験となっています。


英検の1級のレベルの基準は、「広く社会的に必要な英語を十分に理解し、自分の意思を表現できるレベル」とされています。


また、準1級のレベルは、「日常生活や社会生活に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる」レベルとされています。


英検1級と準1級は、合格率がきわめて低い試験です。

さらに言えば、準1級を持っていても、英検1級は相当難しいようです。


英検の1級の場合は受験者の10%前後、準1級は12%前後で、1級と準1級ともに15%以下といわれています。


英検の1級と準1級の受験では、単語をひたすら暗記したり問題集を解いたりといった闇雲な勉強では合格は困難です。

英検の1級と準1級は、リーディング、文法、リスニングなどの必要な学習をバランス良く行うことが必要です。

また、英検1級と準1級では「これらは語彙テスト」とも言われるように日常生活や社会生活に必要な知識も必要になり、英検1級と準1級の受験では、英検の試験とともに社会情勢や日常生活小説や日英米の歴史の常識の学習も必要となります。

英検の1級と準1級は難易度が高い試験ですが、英語のライティング、リーディングに加えて日本語の能力並びに会話力を要求する資格です。

英検の1級にあこがれて、準1級挑戦してみたいものです。


ただやはり、英検1級を取得するとなるとかなりの勉強が必要です。
就職してから取るのは、かなり難しいようですね。

実際、英語の教師ですら英検1級を取得できない人もいるようです。


なので、ほとんどの人は学生時代に取るようです。

就職が決まって、卒業を待つ期間が結構狙い目かもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。