スポンサードリンク

toeicの考え方

toeic(トーイック)を受験したいと思っている人はどのくらいいるんでしょう?

英語の実力を示すのにtoeicのスコアを聞かれることが多くなりましたし、大学などでも一般教養科目の英語のクラス分に使うところもあるようですね。

ただ、toeicのスコア=英語の実力者ではないので、そのことは覚えておいた方が良いかもしれません。

英語の実力者というのはちょっと曖昧な表現になりますが、たとえばtoeicの点数が良くても、英語でコミュニケーションがとれるかは別ということです。

toeicもあくまで試験なので、試験なれというものもありますし。。。

じゃ〜なんでtoeic(トーイック)が重視されるのか?

ですが、


toeic(トーイック)とは、「Test of English for International Communication」の略。

日本語でいうと「国際コミュニケーション英語能力テスト」となります。

英語を母国語としない人々の英語でのコミュニケーション能力を測る試験です。

toeic受験者のほとんどは日本人と韓国人ですが、ここ数年、ヨーロッパからの受験者も増えています。

toeicの結果は英語圏の大学に入学する際の条件となったり、外資系企業の採用に影響を与えることもあります。

また知っているとは思いますが、toeicは資格とは違い、合格という概念がありません。

toeicはあくまで英語力を測る指針でしかないので、“toeic取得者”ではなく、“toeic○○点以上”という使い方をしますよね。

toeicには有効期限はありませんが、学校や企業はおおむね2〜3年までのスコアを有効とする傾向にあります。

toeicのスコアを売りになにかがしたいなら(英語の塾とか)、小まめにtoeicを受けた方が有利に働くでしょう。

toeicの試験には聞き取りと読解の2つがあります。

聞き取りはアメリカに加えてイギリス、カナダ、オーストラリアなどの発音も織り交ぜられ、まさにコミュニケーション能力を試される内容。

読解は日本語訳にするのではなく、英語の意味を理解して英語で返すような内容となっています。

穴埋めの選択問題もあります。

2006年のリニューアル以来、問題が難しくなったともいわれています。

ただ少し問題もあって、というか個人的に感じていることですが、toeicのスコアが900あっても、英会話が出来ない人もいます。

あなたの目的が、英会話上達ならtoeicよりも英会話のに慣れる方が良いと思いますよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。